EPISODE2-2 『アメリカでも日本人のお化けが出る!?って話し』

海外にいた当時、お化けの存在ってのが自分の中で非現実な話しに凄い感じたことがありました。
怖くないとは言わないんだけれど。

今回はそんな海外のお化け事情のお話しを。
(オーストラリアじゃお化けより、壊れたボイラーと、バーのお尻を触ってくるおじさんがいる方が怖かった。)

●シアトルのチャイナタウンに日本人のお化けが出る!?

当時、こんな話を耳にした。
シアトルのチャイナタウンにある、とある日本食レストランの2階部分には
テナントが入れるスペースが手つかずで何年も残っている。
そこにテナントが入ればまあ立地も悪くないし儲かるはずだが、なぜか誰もそこに手を出そうとしないでいた。
おかしいと思った知人がシアトルに長く住む日本人の事情通に聞いたところ
実は…

「日本人女性のお化けが出るそうな。」

興味ありませんか?アメリカに出る日本人のお化け。

話しで聞いたところによると、戦時中そのテナントの場所には女郎宿があったらしく
詳しい事情まではわからないが、それに関係した霊ではないかと言う話しをしていた。

僕が不思議に思ったのはアメリカって国で、日本人の幽霊と言う点。
今まで絶対繋がらなかった海外での日本のお化け。
これが繋がった、不思議な現象だなあとずっと思っていた。

それがただの噂だったのか、噂だとしたら日本人コミュニティだけのものだったのか。
じゃあ、なんであのテナントはずっと空いたままだったのか。
疑問が次から次に出てきます。。

まぁ、夜中に確かめに行くには少々物騒な場所でしたし、「面白いな!じゃあ乗り込もうぜ!」って気軽に言えない場所でもあるw

●ニックが見たアメリカのお化け

そんなことをニックと飲みながら話すと、「アメリカ人は基本的に幽霊とか信じないよ」って。
「そんなものより外で叫んでる危ない輩が家に侵入して刺されたりする方が怖いよ。」ってw

でも、彼は8歳の頃に幽霊を見たことがあるそうな。

アメリカの幽霊。興味がある。
ニックが言うには、寝ていてふと目を覚ますと自分の隣、窓際に何かいる気配を感じたそうな。
その突然現れたものはどうやら男のようで、彼はなにをする訳でもなくただ満月の空を見上げてた。
怖くなったが家族に危害を及ぼす存在かもしれないと
勇気を振り絞って彼に向かって手を伸ばした…

その瞬間

ぶわっと消えて、「どこだ?どこだ!?」とパニクっていると
次の瞬間、セットしていたアラームクロックが朝の8時を告げ、
ジリジリとやかましく鳴り響いた。

すると突然!
いなくなった男が現れた…

「TURNING OFF..!! TURNING OFF THE ALARM!!」
と言って消えたらしい。

あなたはお化け信じていますか?見たことがありますか?

今でもシアトルのチャイナタウンの2階部分のテナントって空いてるんでしょうかね。
誰かシアトルにいる人がいたら、事情通に聞いてみてください。

ちなみに先に言っておくと、僕はお化けを見たことがありません(笑)

お化けよりも燃え盛った案件が襲いかかってくるか、デスマーチに巻き込まれる方がよっぽど怖いわwww

はい、でわ次の記事でお会いしましょう〜
それでは以上、QOOPU.NET(クープ)テル・豊田でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加