「いいデザイナーは、見ためのよさから考えない」有馬トモユキさん著

折角ブログを設けたので、マークアップ・フロントエンド的な話しはもちろん、読んだ本のお勧めどころや海外小話などアウトプットの場にしようと思います。
今回気になって読んだ本がこちら、有馬トモユキさん著「いいデザイナーは、見ためのよさから考えない」です。

元FICC、博報堂アイ・スタジオ、そして現・日本デザインセンターの有馬トモユキさんが書かれたデザイン本です。
デザインの本と言うと、華やかなデザインが載っているMdN Designers Fileなどを思い浮かべそうですが、
こちらの本は有馬トモユキさんがデザインの現場で実際に行っている自身のルールや思想について述べられています。

この本を読み感じたのは、著者自身が情報整理がとても上手く、自分が得た情報の命名ルールがしっかりなされていると言う印象です。
整理整頓を心掛けることがデザイナーとしての第一歩というのは、
佐藤可士和さんの印象がとてもありますが、どのデザイナーにも必要な事だと有馬トモユキさんの「いいデザイナーは、見ためのよさから考えない」を読み、再度確認しました。

この本の中で特に気になったのは、著者が作り出した「デザインを整理するための言葉たち」です。

・僕はよく「心配事が消える」と表現するのですが…
・僕はこれを通りをよくすると呼んでいます…
・僕はこれを”「一般化」の単位”と呼んでいます…
・僕は「形をやめる」デザインと呼んでいます。(Apple Watchは腕時計に変わるのか?)

いかに有馬トモユキさんの中で、デザインに対する自分なりの言葉を使った整理整頓が重要かを感じさせます。

客観的にデザインを見たい時や、物事を考えさせずシンプルにしたい時とかに引っ張り出して読みたい本です。
簡単ですが、お勧めの本を紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加